芸スポニュー速

2chのまとめのまとめ☆★☆★芸能界スポーツ人気ゴシップ速報!当サイトはDeNA社やNAVERまとめ、とは100%無関係です。

【衝撃】稲田大臣のJK時代が一瞬石原さとみwwwwwwww

   

1: ジャンピングパワーボム(愛知県)@\(^o^)/ [US] 2017/03/23(木) 18:52:32.46 ID:W4GfCoXa0 BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典

大臣の公務や国会に網タイツで臨むなどTPOを弁えないファッションがブーイングを受けてきた稲田朋美防衛相(58)。
国有地の格安払い下げを巡る疑惑の渦中にある大阪市の森友学園の弁護士を務めていたのではとの疑惑を追及され、一度は否定。
しかし実際は弁護士として出廷した記録があることがわかり、虚偽答弁ではないかと窮地に追い込まれている。

国会を混乱させ、今や“嫌われる女”として批判にさらされる稲田氏は、どのようにして現在に至ったのか――。
そのルーツを探るために、彼女が高校時代まで過ごした京都で高校の同級生の話を聞いた。

「勉強はそこそこ出来たのを覚えていますが、地味で、クラスの中心になるタイプではないし、国会議員になるなんて
想像もしませんでした」

同じクラスだったという男性は当初、「稲田?ああ、あの“つばき(旧姓の椿原から来ている呼び名)”ね」と、
すぐには思い出せなかった様子。他の同級生も一様に地味で印象が薄いという反応だった。
しかし詳しく話を聞いていくうちに徐々にそのイラッとさせるエピソードを思い出してくれた。女性の同級生がこう語る。

「試験前に、『勉強した?』と聞いても、必ず『全然してない。もう早くに寝たわ。睡眠時間、ちゃんと取らなあかんしね』って、
絶対そんなことないのに。そのくせ先生に『昨日、復習してて、ここわからなかったんですけど』と聞きに行くんです。
普段はおとなしいんですけど、先生とかには媚を売るのが結構、上手だった」

「“つばき”が大声で笑うのを見たことがありません。大人びた雰囲気で、近寄りがたい存在でもありました。私らとは、ちょっと違うと(笑)。
放課後にみんなで遊びに行こうとなったときも遊ぶときも、誰かが『つばきは勉強せんとあかんから、そっとしといたげよ』と言って、
最後は『誘わんとこなー』で、つばき抜きで遊んでいた記憶があります」

http://news.livedoor.com/article/detail/12837039/
no title

続きを読む

 - 未分類

×
×