芸スポニュー速

2chのまとめのまとめ☆★☆★芸能界スポーツ人気ゴシップ速報!当サイトはDeNA社やNAVERまとめ、とは100%無関係です。

長澤まさみが匂い立つ色香と、地雷女ぶりを発揮

   

1: りんがべる ★@\(^o^)/ 2016/10/16(日) 18:02:22.21 ID:CAP_USER9

http://www.sankei.com/premium/news/161016/prm1610160022-n1.html

 「海街diary」など、年を重ねるごとに魅力を増している女優、長澤まさみ(29)が、ワイドショーを舞台にしたコメディー作品「グッドモーニングショー」(全国公開中)で、中井貴一を追い込む地雷女に成り切っている。

 長澤は1987年、静岡県磐田市出身。
2000年に第5回「東宝シンデレラ」グランプリを受賞して、芸能界入りし、04年の「世界の中心で、愛をさけぶ」で注目を集め、映画「モテキ」(11年)以降は大人の女性を魅力的に演じる女優として活躍を続けている。

 本作は、朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のキャスター、澄田(中井)に訪れる災難だらけの1日を描いたコメディー。
長澤が演じたのは、そんな澄田にとっての災厄の一つで、ほれっぽくて思い込みが人一倍激しいサブキャスターの圭子だ。

 冒頭、タクシーで出勤中の澄田の携帯電話が鳴り、圭子が「いつになったら一緒に出勤できるんですか?」「いつ奥さまと別れてくれるんですか?」と問いかけてくる。

 「え?何で?」「何で別れるの?」とうろたえる澄田。
気づくと、隣を別のタクシーが併走しており、窓には艶然とほほえむ圭子の姿が。
「あ、あの時ね。ごめん、酔ってて。でも部屋行ったけど何も…」という澄田のせりふから、どうも2人の間に“ニアミス”があったらしい。

 「私たちのこと、本番中に発表しようと思うんです」と窓越しに澄田を見つめる圭子。
長澤は、何を言っても伝わらない強い“確信”と、匂い立つような色香をうまく演じており、観客は澄田と一緒に震え上がってしまう。

 やがて舞台は、秒単位で物事が進む、戦場のようなワイドショーのスタジオに移行。

 圭子は、政治家の金銭問題で、「隠してもばれますよねえ」「隠し事なら私も」。
大リーグの盗塁新記録のニュースでは、「男の人は盗むのが得意ですものね、ベースも女心も」「私も、盗まれたというか」と、あらゆるニュースを交際宣言に結びつけようとする。

 ニュースを読む際のきりりとした表情から、思い込みが爆発寸前の“ヤバイ女”へと、するりと変化していく長澤の演技は、サスペンスたっぷり。
あわててCMを入れるなど、必死に逃げ回る中井のリアクションも楽しい。

 この後、澄田は銃と爆弾で武装した立てこもり犯に名指しで呼び出され、決死の現場中継を行う。
混乱に満ちたスタジオで、交際宣言に固執する圭子は、犯人にまで語りかけ、さらなる混乱を招く-。

 長澤の堂々たるコメディエンヌぶりに注目だ。

産経新聞:2016.10.16 16:00更新

モテキ
森山未來
2013-11-26


続きを読む

 - 未分類

×
×