芸スポニュー速

2chのまとめのまとめ☆★☆★芸能界スポーツ人気ゴシップ速報!当サイトはDeNA社やNAVERまとめ、とは100%無関係です。

<島田紳助>テレビ現場からも待望論wwwwwww

   

<島田紳助>テレビ現場からも待望論wwwwwww

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 07:49:44.91 ID:CAP_USER9

2011年に芸能界を引退した島田紳助氏(61)が久々に時の人だ。紳助氏はこのほど芸能リポーターの井上公造氏の取材に応じ、
充実した日々を送っていると明かしたという。芸能界復帰については「絶対にありません」と否定しているそうだが、実際のところはどうなのだろうか。

貯金はうなるほどあるはずだから食うに困っているわけではないが、そこはテレビ界で一世を風靡した男である。
ヤクザとの親密交際が明らかになって芸能界を去ることにはなったが、旅行やゴルフや草野球の毎日ではその身と舌と自尊心を持て余していても不思議ではない。

紳助氏は今年2月、フジテレビのプロデューサーの結婚式にVTR出演したことが明らかになっている。
今回、井上リポーターの取材に応じたことといい、公の場に復帰するため世間の反応を見る観測気球ではないかという見方もある。

芸能マスコミ関係者が言う。

「吉本興業は本人が復帰を望んだとしても社長が首を縦に振らないでしょう。ただ、本心は戻したがっているフシがあります。
タレントとしての度量、司会のうまさ、頭の切れはやはり随一。未成年者との飲酒淫行で、06年に吉本が契約を解除した山本圭壱を引き合いに出すのもどうかと思いますけど、
山本は昨年11月、吉本に復帰しています。『極楽とんぼ』で山本の相方の加藤浩次が熱心に推したことが復帰を後押しした形。
たとえば明石家さんまが口添えしたりすれば、紳助さんの復帰の道筋は開ける可能性もあると思います」

■CS、ネット番組なら可能性も

テレビの現場はどうか。ある放送作家がこう言う。

「制作の現場では、今も紳助さん待望論は強い。タレントの名前で数字(視聴率)を見込める時代じゃないのは、古舘伊知郎氏の12年ぶりバラエティーで話題を振りまいた
『フルタチさん』(フジ系)が低迷中のことからも証明されています。ただ、そうは言っても新番組のPRでどこも四苦八苦している中、島田紳助の名前は(PRの)打ち上げ花火として、とても大きい。
実力も折り紙付きだし、そりゃあ戻ってきて欲しいのが本音です」

事務所も、かつての職場もウエルカム。「ただし」とこの放送作家はこう続けた。

「民放テレビ局への復帰は難しいでしょう。暴力団との黒い交際という引退理由がネックとなり、スポンサーがOKしない。紳助さんが引退した当時より、
コンプライアンス重視が求められていますからね。あるとしたらCSやインターネット番組。さんまや松本人志らも始めているし、吉本は実験的な作品に取り組んでいる。

みのもんたが次男による不祥事の謹慎明けにキャスター出演したのもネット番組でしたし、
何よりもネット番組はスポンサーの顔色をうかがう必要が少なく、放送法に抵触しないのが大きな理由です」

どうやら復帰の目はゼロではないようだ。「芸能界で出来ることは全てやり尽くした。仕事をする理由が見つからない」とする紳助氏が新たな「理由」を見つける日は遠くない。

2017年4月6日 日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/202902/1

写真
no title

続きを読む

 - Uncategorized

×
×